プロセス の検索結果:

【自分を変える】夢と向き合う第5ステップ

…第5ステップは変化のプロセスでももっとも重要なステップだ。夢と向き合うステップだ。 状況を受け入れて、そこから立ち上がる。 目標を達成したらいま以上に自分は進化し、よりよい状態が手に入る」と考えるようになる。このステップでは、まだ受け入れざるを得ないという諦めに似た消極的な一面が残っているが、そこからモチベーションを高めて積極的に関わっていこうと決断する変化が始まる。人間の最も美しい一瞬を見る事が出来るだろう。自分が心から望んでいる状態をはっきりと具体的にイメージすることがモ…

【自分を変える】第3ステップ 現実と向き合う

…の悪化が起こり、そのプロセスでは自己憐憫の感情に陥ることもある。恐怖と希望、不安と意欲という相反する意識が同時に立ち上がり混乱する。 この段階では失うことの悲しみに落胆することもあるが、心はすでに現実を認めているので、時間がかかっても、葛藤が収束に向かい、やがて未知の世界に進む判断が現実のものになってくる。 葛藤が終わると、アンビバレンツな状態から解放され安心するようになるだろう。 この段階で意識と現実がひとつになり、意識がはっきりしてくるのだ。 完全ではないものの、ようやく…

仕事の目的

…には、ゴールがあり、プロセスがある。 組織に従属していると組織のゴールがはっきりしているので、しばしば自由がないと思う場面に遭遇する。しかしプロセスには>クリエイティブな機会があり、その仕事をすることで何をしたいのか、主体性を発揮しながらゴールに到達することができる。そのエネルギーになるのが働く目的である場合がしばしばある。 人間は自分のためよりも、人のために働くほうがよりやる気が出るものなのだ。 裏を返せば、厳しい条件を乗り越えてきた人ほど、働く目的がより大きな世界に貢献し…

家族から学んで実行する自立の学習

…を尊重し励ます ● プロセスに注目する ● 決めたことは責任をとる ● できるまでやる ● いまこの瞬間に集中する ● 理想と現実の差をうめる目標を選ぶ ● 感情的な行動をしない このような態度を自分に課せられると不安に感じるのは、努力の必要を感じるからだろう。努力の必要が生じるのは、そこに限界があるからで、ネガティブな受け止め方をしてしまう。しかし、限界を認識できることで、なにをどのように努力したら、自分はどう変わるのか判ってくる。同時に努力してもできないことも分かるように…

家族のルール

…誕生から成人になる全プロセス>の時間をかけてゆっくりと学ぶ。一方、正常に機能していない家族には、ありもしない虚像の幸福な家族と自分を比較する人がたくさんいる。その内容は自虐的で自分を痛め続ける比較だ。「正常な家庭の子はなにもかもが順調で、自分にないものをたくさん持っている。自分にはハンディがあり、それは正常な家庭の子には、理解できない悲しみと痛みだ。」しかし、それこそがじぶん力の再生を拒んでいるトリックであり、逃げ場になっているのだ。 福井駅前 ] 関連サイト&ブログ日本全国…

ストレスマネジメント・スキルを育む

…ることではなく、そのプロセスに自分の価値があることを知っている。 だから面倒なことを誰かがやってくれることを期待しないで、自分が主体的に行動する。主体的な行動が自由であり、自由は境界があるから守られることを体験で知っている。自由とは良心と良識だ。良心とは率直、誠実、対等、自己責任を実行することだと知っている。知識・学力などは良心のもとに使って良識になると知っている。 自由であってもなくても、なにごとも簡単ではないのでストレスが生じるが、自由はストレスの認識を変える。ストレスは…

時間は連続している

… とを知っていると、プロセスで評価する習慣が身につく。 昨日の成功は今日の失敗になる危険がある。逆に昨日の失敗は未来の成功になる可能性がある。 時間をこのようにとらえると、いつもポジティブに、謙虚に、チャレンジする力の源泉になる。人生は七転び八起きだと信じることができる。自己信頼感の支えになる。主体的に生きるから自己信頼感が育つのか、自己信頼感があるから主体的になれるのか、これもまた卵と鶏の話になりますが、「人権」への理解力の深さではないだろうか。自分の人生は自分のものだ。長…

コミュニケーションをこじらせる要因

…主体性が相手にある。プロセスを見ていて、具体的に言えないと励ましにならない点が特徴的だ。 「それはノイローゼさ」「それは親の育て方が原因だ。」というのは、ほめる立場とスタンスが同じです。励ましと同じようにプロセスに注目することが「想い」なのだ。たとえば具体的にプロセスを認識して「早く寝るようにしたほうがいいよ」と具体的に言うと、気遣いが伝わる。自分の力量を誇示するのではなく、相手を思う気持ちが勇気づけになる。3)批判する 批判も無意識にすることが多い行動パターンだ。無実の人を…

コミュニケーション・スキル コミュニケーションの土台

…を持って向かっているプロセス・・・つまり「自立」しょうとしている態度のなかから獲得できる力だ。自分を信頼できない人ほど、親しい人の人権を軽く扱う。 親しいほど、境界を無断で越えて、相手の領域を侵犯してしまうことがある。その理由は自己認識スキルで話した「境界」の認識の欠如があるが、越境したくなる心理も見逃せない。つまり「依存」。依存は、「なれる最高の自分になれない」決めつけから生じた不安と、自分への怒りから生じた行動パターンだ。コミュニケーションした結果、なんとなく楽しくない、…

成熟、いつか来る中年期

…育で補う。健康管理とプロセスを楽しむようにしながら取り組んでいくようする。同じことは夫婦関係においても言えることなのだ。 ▼次の図は、モチベーションをあげていく手順を図にしたものだ。 ・できないし、したくない ・できないけれど、したい ・できるけれど、したくない ・できるし、したい ▼同じことは、次のように置き換えることもできる。 ・仲良くしたくない、家族はどうなってもいい ・仲良くしたいが、家族はどうでもいい ・仲良くしたくないが、家族は大切だ ・仲良くしたいし、家族も大切…

ワーカホリックと「妻の自立」

…)をすることが自立のプロセスに欠かせない作業であり、WIN-WINの手法だ。 そこで、自分を主体にして、「どうすれば変わるのか」プランできるようになる。自分を主体にというのは、自分を犠牲にするわけではない。つまり相手を変えようとするのではなく、自分を変えることで結果的に相手を変えるということだ。 スイッチチェンジを機会にして、これまで自分を犠牲にして、主従的な関係でネガティブな我慢をしてきたためにストレスになり、そのストレスを媒体にコミュニケーションしてきた失敗と訣別したので…

自立につながる仕事観

…になる。結局、自立のプロセスでクリアしなければいけない問題を避けて通るので、「自立」ができない。 大学、高校を出た直後で、若く社会経験も乏しく、もっともエネルギッシュに働き学べる貴重な時期を、学ぶことを避けて通るのは、大局的な見地からも大きな損失だ。 そうでなくても、ストレスとの関わりが苦手な人がどんどん増えている。ストレス対処スキルが不足している状態を作っている。 幼い頃から我慢することを学んでいない人がビジネスの現場で問題を引き起こす傾向にある。 たとえば「得意先にきつく…

自分を好きになるために。

…を尊重し励ます ● プロセスに注目する ● 決めたことは責任をとる ● できるまでやる ● いまこの瞬間に集中する ● 理想と現実の差をうめる目標を選ぶ ● 感情的な行動をしない どれでもいいので、自分のスタイルを作って行こう。最初はひとつで十分。ひとつができれば自然に全部できるようになり、美しいスタイルのある人になる。 気持ち良さ、清々しさが、自分にこれでいい。これでいい。と言えるようになる。 福井市 JR福井駅西口前イベント ] 関連サイト&ブログ日本全国男前プロジェクト…

自分だけにしかない価値

…に目的を持とう。目標をエネルギーにして目的を達成しょう。そのプロセスで生じる障害や問題を乗り越える継続力を大事にしよう。継続する力・・・それこそじぶん力であり、継続のなかにこそ自分がいる。 福井市 JR福井駅前イベント ] 関連サイト&ブログ日本全国男前プロジェクト ゲンキポリタンのじぶんぢから再生プロジェクト ライフスキルで自分を動かす 【アサーティブネス】自分をじぶんの味方にするために【アサーティブを学ぶ】 沈黙を抱きしめて。 ゲンキポリタンのじぶんぢから再生プロジェクト

自分のストーリーを書き直す

…人を尊重し励ます ・プロセスに注目する ・決めたことは責任をとる ・できるまでやる ・いまこの瞬間に集中する ・理想と現実の差をうめる目標を選ぶ ・感情的な行動をしない ゴールデンルールへの取り組みは、じぶんストーリーの書き換え作業のはじまりだ。モチベーションを引き出す人は、親、大人、こども、三つの人格からマイナス面は使わないように注意して、良い面を使う。 親(父・母)の心からは、 ● 相手に対する尊敬と信頼でモチベーションを引き出すことができます。(信頼) ● 具体的 ● …

人生脚本と自分のスタイル

…綻であるのは、展開のプロセスに交叉的コミュニケーションが含まれているからだ。。 交叉的コミュニケーションが物語のクライマックスに待ち受けている。 アクション映画には正義のヒーローが登場しますが、悪者がいないとストーリーが成立しない。 それと同じく破綻のストーリーにつきあう相性のよいひとが存在しないと、ストーリーは作れないのだ。 ●目的自分または他者に対する否定的な構えを確認することにある。 自分は相手から見捨てられてダメな人間だと感じる。 または他者を見捨ててダメな人間だと思…

目的を持てる心

…実行する態度で、そのプロセスを通じてなれる最高の自分を裏切らない態度を実行する。 判断は自分の選択であると意識しているので、主体性も持つことができる。 たとえば失恋は、痛みか、あるいは、よりよい人の出会うチャンス、あるいはもっと特別な何かと判断するかは、自分の判断だ。 つまり「失恋」そのものに、絶対的な事実があるわけでなく、「失恋」に意味を与えているのは、自分であることを知っていて、現実のものにしているのが「主体性」である。 しかし、「モテたいからダイエットしたい」には、主体…

目的の持てる自分の作り方

…する。 目的があるほうがなれる最高の自分をめざしやすい。 目的を持って、自分を信じて、とにかくやってみる。 やり続けるとは、プロセスがあるだけで、成功も失敗もない。 当面は、それでいい。・・・・・これが目的の持てる自分の作り方だ。 大阪心斎橋 BIG STEP ] 関連サイト&ブログ日本全国男前プロジェクト ゲンキポリタンのじぶんぢから再生プロジェクト ライフスキルで自分を動かす 世界で一番大切な君に話すこと。 沈黙を抱きしめて。 ゲンキポリタンのじぶんぢから再生プロジェクト

目標なら感情でも設定できるけれど

…い。しかし目標達成のプロセスで、困難に耐える力の源泉が、目的なのだ。 禁煙ができない人、ダイエットができない人は、煙草を吸いたい、食べたいと欲求を満たしたい感情に注目する。 感情には全精力で注目するが、「自分はどうなりたいのか」「自分はどう考えているのか」にはほとんど注目しない。 困ったときに目標だけがある状態では、重圧に心が折れてしまう。 困難に負けずに乗り越える勇気になるもの、それが目的だ。 だから目的は、内向きでなく、外向いているほうがいい。 人は自分のために頑張るより…

ライフスキルと自己肯定感

…ことができる。 このプロセスの繰り返しで、自分ができることにはあらゆる工夫と知恵で取り組み、必要な助けを求めることができる。 ・・・・お互いの関係のなかで「じぶん力(ライフスキル)」を最大限を発揮しながら育んでいく。 いつだって、人にあるのは現在だけ。 現在の「じぶん力(ライフスキル)」を最大限に発揮する行為は、発達を内包しているので、次の現在では、より進化した「じぶん力(ライフスキル)」を発揮することができる。 もちろん迷うこともあり、後退もある。、 それにしても、進化の試…

アサーティブな子育て 12歳〜18歳 親離れ

…ていく。それが自立のプロセスです。 自分の行動と結果の因果関係と自己責任が理解できるようにします。自分の選択と行動の結果への理解、選択は自分がしている認識を深めます。その方法は、5歳〜12歳の頃とは格段に違います。5歳〜12歳の頃は強く言えば説得力もありましたが、この時期は反発するようになります。感情的な対応はますます混乱に誘うだけで、きちんと伝えたらきっと分かると強い信念のもと、穏やかで確信に満ちたコミュニケーションが功を奏します。 「勉強しないとついていけなくなるよ」と勉…

アサーティブな子育て 5歳〜12歳 境界を認識する

…、助けが必要ならはっきり自分で助けを求める意思表示をさせます。自分のことは自分にさせるには、自分の計画は自分で立てさせて、実行させることです。 親は、結果だけでなく、それ以上に様子(プロセス)を見てあげるようにします。 福井 ] 関連サイト&ブログ日本全国男前プロジェクト ゲンキポリタンのじぶんぢから再生プロジェクト マートワンのビジネス・アサーション ライフスキルで自分を動かす 世界で一番大切な君に話すこと。 沈黙を抱きしめて。 ゲンキポリタンのじぶんぢから再生プロジェクト

アサーティブな子育てのマイルストーン

…す。 全行程を成長のプロセスで区切りマイルストーンを設定し、さらに判りやすくするために、年度ごとに目標を設定しましょう。毎年の目標が達成できるようにしっかり計画を立てましょう。あせりは禁物。決して感情的になることのないようにしましょう。 子育てはこどもをコントロールすることではありません。 こどもと共に親である自分が成長することで、自分も、こどもも、周りの人も、心底から肯定できるようになっていくことです。マイルストーンは、スケジュールを円滑に進めるために欠かせない概念です。 …

小さな成功を重ねる

…する。・目的の結果とプロセスの両方 ・目標の結果とプロセスの両方 特にプロセスは自分への励みなるし、パートナーや家族への応援になる。プロセスに潜んでいる小さな成功を発見することは、大きな勇気に姿を変える。 だからこそ、「客観的な自己評価」をする。 ] 関連サイト&ブログ日本全国男前プロジェクト ゲンキポリタンのじぶんぢから再生プロジェクト マートワンのビジネス・アサーション ライフスキルで自分を動かす 世界で一番大切な君に話すこと。 沈黙を抱きしめて。 やり直しサブカルチャー…

ライフスキル強化の10ヵ条

…を尊重し励ます ● プロセスに注目する ● 決めたことは責任をとる ● できるまでやる ● いまこの瞬間に集中する ● 理想と現実の差をうめる目標を選ぶ ● 感情的な行動をしない ゴールデンルールというのも、一見根性論に思えるかも知れないけれど、実はそうではない。ゴールデンルールはスキルなのだ。たとえば「 できるまでやる」というのは歯を食いしばって頑張るというイメージかも知れないけれど、それでは長続きしない。「できるまでやる」を実践しようとしたら。実際は技術の積み重ねなんだ。…

ゴールするための方法を話そう。

…を尊重し励ます ● プロセスに注目する ● 決めたことは責任をとる ● できるまでやる ● いまこの瞬間に集中する ● 理想と現実の差をうめる目標を選ぶ ● 感情的な行動をしない ここに挙げた態度、ゴールデンルールと呼んでいるけれど、(アサーティブ・トレーニングとして使っています)これらの態度を実践することで、小さな成功体験を獲得できる。毎日重ねることで、態度が自分の身につく。やがて自分のやり方となって自己肯定感が高まる。 自分への信頼は、自分に生きる理由があることに気づかせ…

虹の彼方に。世界で一番大切な君に話したいこと。

…大事なのは結果だが、結果に辿り着くためにはプロセスが大事なのだから。プロセスがうまく行ってるか、どうか。その判断のために、めざすゴールが具体的でなければ手のほどこしようがない。つまり余り在るはずの時間を無為に使ってしまう。それこそが人生でもっとも注意するべき好ましくない行為であり、自分を好きになれない原因だからだ。 虹の向こうに。 幸福行きの電車に乗ろう。 Copyright (C) GENKIPOLITAN | MARTONE Inc.All rights reserved